マクロ/VBA

エクセルVBAは時代遅れ?勉強するか迷っている人の疑問を解消

勉強に苦しむ女性

エクセルVBAは時代遅れだ!今更勉強なんてやめとけ!

エクセル業務を自動化することができるVBA(マクロ)は大変便利なプログラミング言語です。

しかし「今更勉強するなんて時代遅れ」というような声を耳にすることがあります。

たしかに時代遅れに感じる人もいると思いますが、個人的にはエクセルVBAは積極的に勉強すべきだと感じています。

そこで今回は「エクセルVBAが時代遅れではない理由」を解説していきます。

こんな人におすすめ

  • エクセルVBAを勉強すべきか悩んでいる
  • エクエル業務の効率化に興味がある
  • 業務でエクセルを利用する
関連記事
社会人におすすめの必須パソコンスキル
社会人におすすめの必須パソコンスキル9選|初級・中級・上級レベル別

続きを見る

エクセルVBAとは

VBAはプログラミング言語の一種で、オフィス製品(エクセルやワードなど)の処理を自動化することが可能です。

VBAを記述することでマクロ機能を動かしています。

VBA(マクロ)は特にエクセルで利用することが多いため、こちらの記事でもエクセルVBAに焦点を当てて説明していきます。

エクセルVBAでできること

皆さんがエクセルを用いて行う業務の中には、毎日行うルーティーンワークや単純作業が多く存在しているはずです。

エクセルVBAを活用すれば、そのような繰り返し行う単純作業をボタンひとつで処理できるようになります。

それによるメリットも以下の通りたくさんあります。

VBAのメリット

  • 作業時間短縮
  • 操作ミスの防止
  • 誰でもボタン一つで対応可能に

このように業務でエクセルを利用する人にとって、大変便利な働きをしてくれるのがVBAです。
日本ではエクセルを利用する会社が多いため、VBAは多くの会社で重宝されるスキルと言えるのではないでしょうか。

VBAが時代遅れと言われる理由

混乱している男性

なんでVBAが時代遅れと言われているのか?

ここまで読み進めてくれた人は、なぜVBAが時代遅れと言われているのか疑問を持っているのではないでしょうか。

もちろん時代遅れと言われるのはそれなりの理由があります。

オフィス製品でしか使えない

VBAはエクセルなどのOffice製品でしか使用できません。

そのため、Office製品を使う機会があまりないプログラマーのような人たちにとっては、勉強する価値はないと言えますね。

しかし、世間一般的に仕事でOfficeソフトを利用する人の方が多いので、VBAが全く活用できないのは少数派のような気がします。

大量のデータに対応できない

エクセルで取り扱いのできるデータには上限があります。(たしか約100行だったはずです)

ビッグデータというワードがトレンドになったりと、近年扱うデータ量も大幅に増えてきました。

そのような大容量データを扱うことがエクセルではできないので、言い換えると大容量データの処理にはVBAを使うことができません。

VBAを勉強すべき理由

トロフィーを目指すビジネスマン

「VBAが時代遅れ」と言われる中で、私がVBAの勉強を推奨する理由をお伝えしていきます。

エクセルのユーザーが多い

プログラマーのような人はエクセルを使う機会があまりないです。
しかし、一般的な会社のエンジニア以外の人であればほとんどの人がエクセルを多用している印象です。

そのため、VBAを活用して効率化できる業務が探せばいくらでもありますし、VBAのスキルは基本的にどこの会社でも役に立ちます。

エクセルを使うことができるだけでは一般的なレベル止まりですが、VBAを習得すればスキルの差別化にもつながります。

難易度が比較的低い

VBAもプログラミング言語の一つとして位置付けられますが、その中でも比較的難易度が低いです。

私も完全初心者から勉強を始めましたが、非エンジニアでも勉強すれば容易に習得することができると感じました。

関連記事
本の階段を登る男性
【エクセル マクロ/VBA】初心者が独学勉強するための本|おすすめ2冊を紹介

続きを見る

VBAを使いこなせる人が多くない

エクセルは誰もが使いこなしているのに、エクセルVBAを理解している人は少ないのが現状です。

そのため、エクセルVBAのスキルを習得すれば、社内でも転職市場でも重宝される人材になることができます。

関連記事
机に向かって勉強する男性
【エクセルVBAベーシック】マクロの資格を転職に活かすメリット

続きを見る

VBAを習得するべき人の特徴

結局自分はVBAを勉強すべきなのか?

VBAよりも他のプログラミング言語を勉強した方がいい人もいます。
これは「どんな仕事についているのか」「何を目指しているのか」によって身につけるべきスキルが異なるからです。

そこで、これ以降はどんな人がVBAを勉強すべきか解説していきます。

非エンジニアの人

非エンジニアの事務系の職種の人にとって、エクセルVBAのスキルは必ず役立つでしょう。

エンジニアの人たちから見ると「VBAは時代遅れ」と言われるかもしれません。
しかし、大多数の企業で日々の業務からエクセルがなくなることは考えにくいので、VBAのニーズは今後も無くなることはないと予想できます。

業務でエクセルを多用する人

皆さんは日々の業務でエクセルをどれぐらい利用していますか?

エクセルを利用する時間が多ければ多いほど、VBAのスキルを活用して業務効率化を図ることが可能です。

エクセルのスキルに自信がない人は、まずはエクセルをマスターしてからエクセルVBAの勉強に取り掛かりましょう。

関連記事
読書する男性
【初心者向け】社会人におすすめのエクセル勉強本|この1冊で基礎は完璧!

続きを見る

何かしらのスキルを習得したい人

自分には何もスキルがない

そんな悩みを持っている人は、エクセルVBAの習得がおすすめです。

ここまで読み進めてくれた人たちはエクセルVBAは決して時代遅れではないということに気づいていると思います。

「スキルアップのため」「転職のため」など様々な理由があると思いますが、上昇志向のある人であればVBAのスキル習得をしておいて損はないです。

まとめ:一概に時代遅れとは言えない

startと空に描かれた様子

今回は「時代遅れと言われるエクセルVBAが時代遅れではない理由」についてお伝えしました。

エクセルを利用する業務がなくならない限りは、VBAのニーズも無くなることはないと個人的には思っています。

プログラミングをゴリゴリ勉強するまでではないけど何かスキルを身につけたいという人には、VBAはおすすめのスキルです。

気になる方は是非勉強を始めてみてはいかがでしょうか?

以上、「エクセルVBAは時代遅れ?勉強するか迷っている人の疑問を解消」でした!

-マクロ/VBA